スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うめぇ

昨日いつもの仲間内で飲み会がありまして。

少し遅れて店に着いたら

「誕生日おめでとう」

とかいって絵文字名を入力してください


takano.jpg



オイラがダイエット中なの知っててこれだもんなぁ。。。


とっても嬉しいんですけどね。


そしてね。


おいらね。


誕生日ね。


12月なの。




なぜこの時期。


なぜ一番プクプクの時期。


ものすご~く美味しかったから食べちゃいましたけども。ええ。


ベルトにお肉がのっていますがなにか?




覚えとけよ笑2


スポンサーサイト

赤魚①

今週は強風のため釣りに行けず波

なので、またまた日立で買ったおさかな料理bikkuri01


キンメダイ
F1000012.jpg



①刺身&鮨




結構脂がノッていたので、皮目を炙りましたが、思ったよりも皮が柔らかく、

破れてしまいまい、見た目は。。。orz

しかし、身も柔らかく、脂もノッていてモトモチとした食感でGOODOK




②カブト焼き
アヤメ煮


新鮮だったので、半分に割って血合いをキレイにして焼くだけ。

お目目の周りがトロトロ。コラーゲンたっぷり。たぶんDHAもたっぷり。



あんきもぅ♪

今回のあんこうの肝(久慈浜産)は、前回よりも大きかったので

あん肝を作ってみましたハート
わぁいヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノわぁい

①臭み取り&血抜きのために、新鮮なあんこうのきもを真水に約5時間ほど浸ける。

(冷蔵庫で5時間程度を目安に)
20080209171323.jpg


②水を切ってからも、水分が多いので、キッチンペーパーの上に乗せて

肝の筋をきれいに取り除く。

この時に、肝の身がぼろぼろになってしまっても大丈夫です。
∑d(≧▽≦*)OK!!

20080209171646.jpg


③きれいになったあんきもに荒塩をふり余分な水分を抜きます。
20080209172021.jpg


その後、約2時間冷蔵庫で寝かせる。


④取り出したあんきもを酒で塩をよく洗い流し、

臭みを取り、きれいに水分を拭き取ってから

ラップで形を整えてアルミホイルで包み、蒸し器に入れて20分蒸す。

20080209204701.jpg



⑤蒸しあがったあんきもを

きれいに切ってお皿の上にのせると!

KIRA KIRA (*'▽'*)わぁ♪

20080209205106.jpg



⑥お好みで、ポン酢やもみじおろしなど薬味をそえて

召し上がれオンプ


2/11午後アジ

先週末は釣りに行こうかどうしようか迷っていましたが、

お手軽な半日アジに。

午前の船が帰ってきてお客さんが上がるが、ほとんどのお客さんが続けて乗っている。

ミヨシのお客さんが帰ったので、ミヨシで。

竿も2本出せそうなので、了解を得て2本出しました。


始めてからポツリポツリ上がるが、入れ食いにはならない。

そんな時に造船所の警戒船が「ココの場所で試運転を行いますので退けてください」

みんな一斉に仕掛けを巻いて場所を替えました。


場所を替えてからもポツリポツリ。

アタルのは一番ミヨシの竿のみ。

なぜか他のお客さんにはほとんどあたらず。

潮先だから良いのかねぇと隣のお客さん。


夕飯のおかずになりそうなくらい釣れたので、一本はヒラメ五目で。

オマツリ防止に、一番ミヨシの釣れていた竿にヒラメの仕掛け。

全くヒラメはあたらず。

んで、もう一本の竿もあたらない。


一番ミヨシの竿をヒラメにして、二番目の竿をアジのままにしているのだから、

二番目の竿にアジが来てもいいと思うんですけどねぇ。

なぜ来なかったんだろ??


釣果は、アジ16匹にイシモチ1匹。

20080211182937.jpg


竿頭にはなったけれども疑問の残る釣りでした。


アジとイシモチは次の日から出張だったので、

その日に刺身と、今お気に入りの寿司でいただきました。

20080211203040.jpg


ヒラメ料理③

20080212225944
ヒラメのムニエル

おろしたヒラメに塩、胡椒で味付けして小麦粉をまぶす。

んでバターソテー。

ちょっとの醤油で少し和風にも。

とっても身が崩れやすいですよ。

これが一番お気に入り。

蒸かしたお芋のようにホクホクで最高です。

ヒラメ料理②

20080212123229
ヒラメの薄造り

ヒラメを薄く切って並べるだけ。

おまけでまたいくらものせちゃいました。

ヒラメ料理①

エンガワのにぎり


まずヒラメを5枚おろしに。

あちこちのサイトでおろし方を載せてくれていますので、ご参考に。

オイラは鱗の削ぎ切りがとても時間が掛かりました。

あれ、難しい。切れる包丁が欲しい。。。汗とか

両脇、上下のエンガワちゃんを大事に外して一晩寝かせました。


酢飯を作って適当な大きさににぎり、エンガワを乗せる。

んで、北海道から送ってもらったイクラの醤油漬けをその上から盛り付けて完成絵文字名を入力してください




やはり、回転寿司で出てくるカレイのエンガワとは違い、コリコリという食感が楽しめる。

小さいヒラメなので、脂はそんなには乗っていなかったが、イクラの脂でカバーピース

ちょっとでっかくなりすぎて、手鞠寿しみたいになっちゃったけど、

大変美味しゅうございましたにっこり

茨城料理

出張最後の日。

茨城のお魚センターでお買い物。

色んな物が売っていましたねぇ。

アカムツ100g 800円、黒ムツ100g 200円、アコウダイ1匹 7000円。

色んなお魚さんが並んでいてとっても楽しいにっこり


その中からやはり今時期旬の「アンコウ」

丸々1匹買ってきました。

店の人に聞くとやはり素人ではさばくのが難しいと汗;

という事で店内で鍋用にさばいてもらいました。


まず、さばいたアンコウを下湯でして臭み消し。

ほとんど臭みはありませんでしたが、一応。

20080122182034.jpg


今回はやはりアンコウといえば味噌仕立てで。

20080122200652.jpg


アンコウって初めて食べたけれども、皮と身の間がプリプリしていて、

コラーゲンたっぷりでたまりませんね絵文字名を入力してください

この時期寒いからとても暖まります。

また作りたい逸品ですLOVE


~おまけ~

北海道産の生白子があったのでホイル焼きにしてみました~。

20080122212752.jpg


これも濃厚で最高上

鬼鰭酒

久々のオニカサゴでヒレ酒作り。

去年は乾かす時にビンを使わず、半乾き状態が長く生臭くなり、失敗。

ふくさんのアドバイスで試してみることに。手をつなぐ

オイラの場合、胸鰭、尾鰭(一匹で三枚)を切ってキレイに洗い、ビンに貼り付ける。

ビンに貼り付けると、張り付いている側までキレイに乾くということです。

生臭さがなくなるまで、乾燥する部屋に放置。

臭いが無くなれば、ビンから剥がして好みの大きさに切り取って炙る。

残った鰭は冷凍保存。

炙った鰭をお酒の中に入れて、酒の表面に火をつけてアルコール分を飛ばしてすぐ蓋をする。

この間会社の人に連れて行ってもらったフグ屋さんに聞いたポイントは、

①鰭の体側を念入りに炙る。焦がすくらい。

②酒はものすごくあっついので。




香ばしい香が鼻に中にふわっと広がる。絵文字名を入力してください

釣りに行って風呂入って、疲れた体で飯食いながら飲んで、そのまま暖かい布団で寝ちゃうの最高ですね。にっこり




寒ビラメ

先週日曜日は雪予報だったので、土曜釣行に。

今回はお友達三人と相模湾ヒラメ釣り。


ポイントは船が出てすぐの場所。

最初の流しで後ろの人がオモリを落とした瞬間にアタリがあり、約3kgのヒラメえぇ

周りもぽちぽちマハタ、ホウボウの外道を含めて釣り上げている。

三人ともやる気はあったけれども、アタリがないので釣れる気がしないえーん

そうこうして、10時過ぎに一度アタリが。

イワシの暴れるブルンブルンから、何かが引っ張るグイィィのところ。

ここであわせてしまいました。

やはり食い込みが浅く、歯形の付いたイワシがっくり

するとすぐに友達の竿にアタリがあり、1kg弱のヒラメが。

そっち行っちゃったかぁと悔しがっていると、また友達の竿先がグイィィ。

友達もここであわせてしまって、バラシ。

すると、今度お返しのようにオイラの竿がグイィィィ。

今度はココであわさずに、ちょっと待ってみる。

三度目のグイィィの時にバシッとあわせると、見事にズンズン引っ張られる。

最初の底から引っ張る時のフワッていうのがあったので、ヒラメと確信したけれど、途中全く引かない。

5:5の竿を使っているからかわからないけど、重さもほとんど感じない。

バレちゃったのかなぁと思うと水面にヒラヒラ茶色いのが。

これまた1kg弱と小さいけれど、一応ヒラメGETにっこり

20080202231906.jpg


その後はアタリはあるけれども、食い込みが浅く掛からない。

やっぱり生餌を使った釣りは難しい。

どこであわせていいかわからない。

後、思ったのは隣にアタリがあって、針掛りしない場合はチャンスキラキラ(オレンジ)

隣に行く場合が結構な確率であるみたい。

小さいけれども釣れて良かったです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。