スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鬼鰭酒

久々のオニカサゴでヒレ酒作り。

去年は乾かす時にビンを使わず、半乾き状態が長く生臭くなり、失敗。

ふくさんのアドバイスで試してみることに。手をつなぐ

オイラの場合、胸鰭、尾鰭(一匹で三枚)を切ってキレイに洗い、ビンに貼り付ける。

ビンに貼り付けると、張り付いている側までキレイに乾くということです。

生臭さがなくなるまで、乾燥する部屋に放置。

臭いが無くなれば、ビンから剥がして好みの大きさに切り取って炙る。

残った鰭は冷凍保存。

炙った鰭をお酒の中に入れて、酒の表面に火をつけてアルコール分を飛ばしてすぐ蓋をする。

この間会社の人に連れて行ってもらったフグ屋さんに聞いたポイントは、

①鰭の体側を念入りに炙る。焦がすくらい。

②酒はものすごくあっついので。




香ばしい香が鼻に中にふわっと広がる。絵文字名を入力してください

釣りに行って風呂入って、疲れた体で飯食いながら飲んで、そのまま暖かい布団で寝ちゃうの最高ですね。にっこり


スポンサーサイト


コメント
当家は 焙ったヒレを 日本酒入れた ぐい飲みの中に入れて 電子レンジで チン しちゃいます♪~

 美味しくできたようで 良かったですね♪~

2008/02/05(火) 11:05 | URL | ふくさん(会員番号3番) #-[ 編集]
そうそう、お焦げ。
ポイントですよねぇ~

そして、そのお焦げの香ばさを引張り出すのが超熱燗!

あぁ~~、釣りてぇ~~
2008/02/05(火) 13:06 | URL | kay3kay4 #-[ 編集]
>ふくさん
ありがとうございました!
上手に出来たので飲み過ぎて、ソファーで寝ちゃいました(笑)
2008/02/05(火) 18:23 | URL | piro #-[ 編集]
>kay3kay4さん
ですね!
香ばしいのがたまりませんね。
まだまだいっぱい楽しめまーす♪
2008/02/05(火) 18:26 | URL | piro #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://anglerangler.blog87.fc2.com/tb.php/115-dffe7fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。